HOME > KAMPO RECIPE > ヨーグルトと胡瓜のサラダ
ヨーグルトと胡瓜のサラダ

ヨーグルトと胡瓜のサラダ

材料(2人分)

漢方パウダー RED:1包
ヨーグルト:400g
きゅうり:1.5本
マヨネーズ:大さじ1
オリーブオイル:小さじ1
すりおろしにんにく:少々
塩:少々
あらびき胡椒:少々

手順

(1) ヨーグルトを1晩水切りします。
(2) きゅうりを角切りにして、塩1つまみと漢方パウダーを和えます。
(3) (1) と (2) を合わせ、マヨネーズ、オリーブオイル、にんにく、塩を混ぜ味を整えます。
(4) 器に (3) を盛り、上にあらびき胡椒を散らして完成です。

漢方的解説

「おくる」働きが弱っている時、苦味を求める傾向があります。「おくる」働きは感情に関わる精神・意識・思考活動なども担っており、熱によってイライラなどを悪化させてしまいます。それに対応する形で苦みには余分な熱を取り去る清熱作用があるとされ、苦みの代表食材といわれる山菜たちが日本では4~6月頃に収穫時期を迎えます。きゅうりやゴーヤなどの瓜科の夏野菜も苦味を持っている食材です。これらを食べることで、熱が体にこもりやすい夏を乗り気ることができるでしょう。

西洋栄養学的解説

「おくる」働きが弱っている時、脳が貧血・酸欠状態になっている可能性があります。特に、感情が乱高下しやすい人は、慢性的に脳の栄養不足といえます。その対策として、脳の栄養の消化・吸収をよくする胃腸をケアしてあげる必要があります。感情のコントロールができない、集中力がきれやすい等の症状は、胃腸の力が落ちている場合があります。ヨーグルトには腸を活動させるための乳酸菌はもちろんのこと、動物性タンパク質も多く含まれています。乳酸菌で腸を活性化させ、タンパク質の分解吸収効率をあげる、手軽で優秀な食材です。また、きゅうりはβ-カロテンという栄養素が豊富であり、体内でビタミンAに変換されます。ビタミンAは髪の毛や粘膜の健康維持に非常に重要な栄養素であり、考え事が多すぎて頭が熱くなりやすく、抜け毛や顔の乾燥が強い方には、特におすすめの組み合わせです。これに漢方パウダーを足すことで、より吸収も栄養も整ったサラダとしてお召し上がりいただけます。

使用している漢方パウダー

心 BLEND

眠りが気になる

寒がり

ふらつきやすい

イライラしやすい